お口の悩み解決!

あなたを悩ます口臭の原因と対策を看護師がわかりやすく説明します。

口臭の最大の原因「舌苔」はカンタンになくせます!

黄緑の背景に両手で口を押える女性の顔写真

2018年12月19日

口臭の原因で最も多いのは「舌苔」です。

あなたの舌は大丈夫ですか?

この「舌苔」、実はカンタンになくせるのです。

しかも、お金はかかりません。

 舌苔のニオイを嗅いでみよう

鏡の前で舌をべーっと出してみましょう。

白かったりベージュ色なのは、明らかに舌苔です。

赤くて普通の色だと思っても、舌苔はこっそり舌についているのです。

女の子が舌をだしているイラストに舌表面の断面図が書かれている

使うものはいつも使用している普通の歯ブラシ

できるだけ舌を長く出しましょう。

舌の中心を、付け根から先の方へ軽く1回歯ブラシでこすります。

その歯ブラシの毛先には、白っぽい汚れが付着していますね。

このニオイを嗅いでください。

けっこう衝撃的なニオイです。

これが、あなたの舌苔のニオイなのです。

舌苔をカンタンになくす舌磨き

朝日が当たるテーブルにコップに立ててある歯ブラシと白いタオルが置いてある写真

日常使いの歯ブラシで、舌の表面を3回ほど軽くこするだけです。

歯ブラシは、横にして使います。

重要なのは、強くこすらないこと。

歯ブラシの毛先で軽くなでるだけ。

そして、1回こすったらその都度歯ブラシを流水で洗いましょう。

奥から手前にこすりますが、せっかくこすり取った舌苔を洗わずに、また舌に戻してはいけません。

  • 鏡の前で舌を長く出す
  • 歯ブラシを軽く当てて奥から舌先までそっとなでる
  • 1度こすった歯ブラシはその都度流水で洗う(指先でしごき洗い)
  • 中央とその左右を1列ずつこすればOK
  • 舌みがきは1日1回朝に行う
  • やり過ぎ、強くこすり過ぎは、舌を傷つけるので厳禁
  • 最後にうがいを忘れずに

 1日でかなり効果が出ます。

毎日続けることで、確実に口臭を軽減することが可能です。

歯ブラシを舌の奥の方へ当てた時にオエッとなる場合は、息を止めて行うとえずきにくくなります。

それでもダメなら、無理せずにできる範囲だけこすりましょう。

力の入れ過ぎはくれぐれも注意してくださいね。

ひとこすりで終わる舌ブラシ

歯ブラシの場合は、最低でも3回こすって歯ブラシを洗わなければなりません。

舌みがき専用の舌ブラシを使うと、1回で済んでしまいます。

便利な道具なので、使ってみてもよいでしょう。

 

デンタルプロ 舌ブラシ / 1本

舌苔はどうしてできるの?

舌苔ができる主な原因は、次の3つです。

  1. 口の中が不潔(キレイに歯みがきができていない)
  2. 唾液分泌が少ない
  3. 口で呼吸している

つまり、口の中の清掃が不十分で食べかすなどが多いことと、口の中が唾液で十分に潤っていない状態が重なると、舌苔ができやすくなる訳ですね。

ところが、きちんと歯みがきができていて唾液の分泌も十分なのに、舌苔ができることがあるのです。

それは「食生活」が原因。

よく噛んで食事を摂らないと、食物を咀嚼(そしゃく:噛むこと)することで機械的に舌の表面が清掃される効果がなくなってしまうから。

噛まない食事=流動食しか食べないでいると、舌苔は白く肥厚(ひこう:厚く盛り上がる)してこびりつきます。

噛まずに食べられるやわらかい食事や、よく噛まずに丸のみしてしまう早食いなどは、舌苔ができやすい習慣といえるのです。

舌苔除去に効果の高いタブレット 

 歯みがきや舌みがきの上手い下手にかかわらず、タブレットを舐めるだけで舌苔がキレイに取れる優れもののタブレットがあります。

 

グリコ ブレオEX BREO EX 66g × アソート8個(グレープミント4個+グリ-ンアップル4個) 口中ケアタブレット 歯科専売

 「歯科専売」ということは、歯医者さんが効果を認めたタブレットです。

フルーツのキウイ由来成分「アクチニジン」が舌苔のタンパク質を分解し、ツブツブが舌の表面を清掃するダブルの効果で、舌苔を取り除き口臭を予防します。

詳しい研究結果は、こちら。

お口のニオイの原因「舌苔(ぜったい)」を落とす キウイ由来成分 | グリコ 健康科学研究所

人と会う前や口臭が気になる時、タブレットならいつでもどこでも手軽に美味しく使えます。

食後にキウイフルーツを食べるのも、口臭予防に効果的です。

まとめ 

 口臭の一番の原因は「舌苔」です。

見た目でわかる場合も、なさそうに見える場合でも、舌苔は特有のニオイを発しています。

お手入れ方法はカンタン。

毎朝1回、歯ブラシで3回なでるだけ。

専用の舌ブラシを使えば、1~2回で済んじゃいます。

コツは、力を入れずにソフトになでること。

ひとこすり毎にブラシを洗うこと。

朝食の前でも後でもかまいません。

最後によくうがいしましょう。

ブラシによる機械的な清掃にプラスして、化学的にタンパク質を分解するタブレットが口臭予防に効果を発揮します。

食事はよく噛んで食べる習慣を心がけましょう。