ブログなんて簡単さ!

ブログが続かないと悩んでいるあなた、自分に合った成果を出せる方法を知ってる? ブログが書けない悩みを解決しましょ。

ブログが続けられないと悩む最大の理由は「毎日更新」という呪縛

赤い水玉蝶ネクタイのテディベアのぬいぐるみがブラインドをバックにMacを持っている写真

 せっかくブログを始めたのに、続けられない。楽しくない。

そう悩んでいるのは、あなただけではありません。

ブログの継続を難しくしている最大の理由はブログ毎日更新することです。

そんな必要性があるのかないのか?ちょっと考えてみてください。

「ブログ」の理想と現実のギャップ

少し古いデータになりますが、公式の調査結果を公表している総務省の研究発表があります。

<総務省 情報通信制作研究所>

 

f:id:flowcare:20180117121451g:plain

 この場合の『アクティブブログ』とは『1ヵ月間に1記事以上更新されているブログ』のことをいいます。

2008年1月現在のデータは、次のようになっています。

【ブログ数】

  • 開設ブログ数:2,243万
  • 公開ブログ数:1,690万
  • アクティブブログ数:308万*公開ブログの約18%

【記事数】

  • 開設ブログの記事数:1,787百万(約17億9000万記事)
  • 公開ブログの記事数:1,347百万(約13億5000万記事)
  • アクティブブログの記事数:568百万(約5億700万記事)*公開ブログの約42%

【データ量】

  • 開設ブログのデータ量:54テラバイト
  • 公開ブログのデータ量:42テラバイト
  • アクティブブログのデータ量:20テラバイト*公開ブログの約48%

【テキストデータ量】

  • 開設ブログのデータ量:16テラバイト
  • 公開ブログのデータ量:12テラバイト
  • アクティブブログのデータ量:5テラバイト*公開ブログの約42%

12ヵ月のブログ更新継続率は約40%で推移しており、ブログの削除率は0.5%から1.5%で推移しているとのことです。

上記のデータのブログ開設数と公開数の差を削除率としてみてみると、ブログ数は約25%、記事数は約25%、コンテンツ全体のデータ量は約22%、テキストデータは約25%削除されていることになります。

約1/4のブログと記事が消えてなくなっているのです。

ということは、毎日更新していなくても月に1記事以上更新していれば、ブログ全体の上位2割以内に確実にランクインしているということになりますね。

それなのに、あなたは「ブログが書けない」と嘆くのでしょうか。

ブログを毎日更新しているのは、限られたごく少数のブロガーだけというのが現実です。

必死に毎日更新することよりも、あなたのペースで楽しく続けることに目を向けてみませんか?

 なお、2009年1月末現在でのブログ登録者数は約2,695万人、月間閲覧者数(PV)は約205億となっています。

 2017年のブログ人口は、はたしてどこまで増えているのでしょう。

 「ブログ」を「毎日更新」することのメリット

 ブログ毎日更新すると、自分自身への効果読者への効果の2つの大きなメリットが生まれます。

自分の成長
  1.  自然にブログを書く習慣が身に付く
  2. ブログを書くことがストレスでなくなる
  3. 毎日書き続ければ誰でもそこそもうまくなる

ブログ毎日更新することで、ネタを探しやすいブログ脳になってきます。

そうなれば、しめたもの。

ブログを書かなければ、という強迫観念から解放されて、書くことが楽しくなってきます。

逆に言うと、そこまで書き続けなければダメだという事ですね。

それが無理なら、そこそこ人気のブロガーになるという夢は諦めましょう。

そこまで頑張る意志がないのなら、ブログはあなたにとって必要な事でも興味のある事でもないからです。

それでもあえて書きたいと思うなら、あなたのペースで好きな時に書けばいい。

だからといって、毎日更新できないと悩む必要はありません。そこは開き直りましょう。

何気ない日常生活の中で、無意識にブログを書く事を考えてしまうレベルになれば、ブログはもうあなたの生活の一部です。

ブログを書かなければ落ち着かない、物足りない状態になっているはずです。

それは、書かねばならぬという義務感や強迫観念ではありません。

ブログを書きたいと感じる楽しい欲求です。

そして、誰でも書き続けるうちに、それなりに上達するものです。自分なりのスタイルも出来上がってきます。

そういうブロガーさんをたくさん見てきました。雑記・日記ブログであろうが、有意義な情報発信ブログであろうが同じです。

読者の変化

 ブログ毎日更新するということは、読者も毎日読みに来るという事です。

それはすなわち読者を教育する事になるのです。

あなたのブログの更新通知を受け取って毎日読むことが続くと、やがてあなたのブログ更新が楽しみになり読む事が習慣になってきます。

毎日読む事で、接触回数が増え続け親近感が湧いてきます。

そして、やがてあなたのファンになる。

あなたの成長を見守ってくれるオーディエンスになるのです。

 「ブログ」を「毎日更新」した方がいいのは、いつまで?

 アフィリエイトなどでブログからコンスタントに収入が得られるようになったら、ぶっちゃけ毎日更新する必要はありません。

「毎日更新」を3ヵ月間続けて100記事投稿するまでは最低限続けるべきだ、と言うのが一般的な見解です。

あるいは、設定した目標が達成されるまで続けるということになりますね。

  • 1日/1ヵ月の閲覧数(PV)
  • 訪問者数
  • 読者登録数
  • クリック数
  • 直帰率/回遊率
  • 滞在時間
  • 検索数/率
  • 被リンク数
  • シェア数
  • ブックマーク数
  • いいね/スター数

どの項目を目標に定めて、ゴールの数字をどう決めるかは、あなた次第。

それによって、毎日更新を継続すべき期間が変ってきます。

その後は、アクティブブログと認知されるために、最低限1ヵ月に1~2記事更新すればOKです。

中には、精力的に記事を量産し続けているパワーブロガーもいますが、それは毎日更新を頑張った結果次のような状態に変化したのではないでしょうか。

  • 書くことが楽しい(モチベーション)
  • 書きたいことが次々と湧いてくる(発想・アイディア)
  • スムーズに書けるようになった(ライティングスキル)
  • 記事への反応が励みになる(賞賛・報酬)
  • 自分が発信した情報が人の役に立つと嬉しい(やりがい)

また、もともと書く事が好きで得意なタイプの人は、ずっと書き続けられるでしょう。

あなたの性格や技術によっても、行動の仕方が変わってきます。

私は3年間アメブロで毎日更新を続けてきました。その内の1年間は、平均1日に4記事を毎日投稿しています。

最適な「ブログ」の更新頻度は ?

では、いったいどのくらいの更新頻度が理想的なのでしょう。

  • 毎日更新を継続した期間のアクセス分析
  • 試験的に毎日更新しない期間を設けて実験データを比較検証する
  • 読者の訪問パターンの分析
  • 自分が無理なく続けられるペース

このような条件を検討して、あなたに適した更新頻度を考えましょう。

この他に、読者があなたのブログに何を求めているのかがわかってくれば、更新頻度を検討する材料が増えます。

また、更新する時間帯も、あなたの都合と読者の特性によって判断することができます。

読者の訪問頻度や訪問時間などの解析データが必要になるので、何らかのアクセス解析を利用しましょう。

私は、アクセス解析研究所を愛用しています。

まとめ

【キーワード】「ブログ」「毎日更新」*文中の下線、見出しの「」

【問題】ブログ毎日更新しないとダメなの?

【解決】

  1. 基本的には100記事を目安に毎日更新が望ましい
  2.  自分にあったペースで始めてもよい(曜日・時間など規則性を持たせる)
  3. ある程度継続したら結果を解析して方針を決める
  4. 目標をクリアしたら月に1~2回の更新でかまわない

毎日更新できない、ということが苦痛でブログを書けなくなってしまったら、本末転倒です。 

 

さあ、次は「ブログを書く時間がない」と焦っているあなたの問題を解決しましょう。

アイキャッチ画像出典:ぬいぐるみ界のトップエンジニア|ぱくたそフリー素材

君のブログにグッとくる魅力はあるか

水色の洋服を着た女性がじっと見つめる眼差し

 週間はてなブログ、初めて読んでみました。

そこには、大勢のブロガー達とは明らかに次元の違う感動の世界が広がっていたのです。

自分の書くブログが、いかにちっぽけでつまらないものかと思い知らされました。

そんな中で、人気ブロガーになろうなんて、画策するのはおこがましいぞ!

魅力あるブログの特徴1:特異なネタ+SNS活用ととことん実践

一般人が、普通の日常ではほぼ遭遇する可能性のない特殊な体験。ただし、それだけでは不十分。

Twitterを活用してリアクションを集め、それらを実践した結果を綴ったエントリが秀逸。ネタの珍しさで満足せずに、読者が「なるほど~」と感心する内容の濃さ。

画像をうまく配置して、テンポよく読み進められます。

Amazonアフィリエイトも違和感なく説得力ありますね。

魅力あるブログの特徴2:ワクワクと驚きの結末

これはね、正直言って有名な俳優さんのブログなので、ちょっとズルい感じがします。

文字は小さくて薄い、行間が空き過ぎ、けっして読みやすさに配慮したテンプレートではないのですけど?独自の世界観を表現していることは確かですが。

小気味よい短編小説のようなの楽しく読めて、意外な結末。筆者の素性を後から知って2度ビックリ・・・というのはヤラセっぽいです(笑)

魅力あるブログの特徴3:子育ての悩みに共感できるイクメンブログ

パパの子育てブログは、はてなブログの中でもひとつのジャンルになっているのではないかと思います。

誰もが経験する当たり前の成長過程を、ヒステリックにならず、過剰反応せず、他人ごとになり過ぎず、淡々とコンパクトに語るところがよかったのでしょうか。

魅力あるブログの特徴4:オリジナルマンガ風

独特のタッチで描かれるオリジナルマンガで綴られています。

医療従事者ならば、どのような状況かは一目瞭然ですが、素人さんが読んで面白いのですね~。

「これは演出?」と思われる部分もあったりして(笑)

魅力あるブログの特徴5:誰もやらない挑戦の記録

 写真と地図のせいか、表示速度が遅かったりして・・・。

凡人がけっしてやらない新しいチャレンジが素晴らしい。 

魅力あるブログの特徴6:アイドルファンの愛とエネルギー

 ひとつのブログに、数日分の日記が。

こういうスタイルは、新境地かも?

同じファン同士にはたまらない内容でしょ。 

魅力あるブログの特徴7:アイドルの旬ネタ

 これも、読者層が明確でAmebaTVを観ていない読者にとっては垂涎ものでしょ。

 魅力あるブログの特徴8:話題のアニメ

 今は超人気のアニメも無名の時代からスタートしていて、濃いファンならではの内容になっていますね。 

魅力あるブログの特徴9:LGBT

 4つのセクシャルマイノリティーに関するブログ。匿名ならではのテーマでしょうか。

日本の社会制度の現実に向き合うことと、自分以外の人を愛して守り守られる関係すべてに共通する気持ちでもあります。 

魅力あるブログの特徴10:大学生の独特の世界観

 年齢も性別も違う、実生活では接点のない人達のブログと触れあえるのは、インターネットの魅力のひとつ。

現実なのか、創作なのか。

一瞬疑問がよぎり、ちょっと薄暗い風景が目の前に浮かぶ。 

魅力あるブログの特徴11:専門家の見方

 近年のAIの発達と未来に関する様々な期待と危惧が入り混じった今だからこそ、技術の進歩とエンジニアの使命を考えることに意味があると思う。

長文だけど、うまく見出しで区切りをつけて、読みやすさを工夫してある。

私的には、11作品の中で一番好きだな。

エンジニアリングや研究開発について思うこと - 人間とウェブの未来

 魅力あるブログは、こちらです

該当するブログは、週刊はてなブログでご確認ください。

blog.hatenablog.com

おわりに

今回の受賞作品を見ると、はてなブログで人気のジャンルが見えてきますね。

  • SNS連動型リアル報告
  • 有名人ブログ
  • イクメンブログ
  • 上手じゃないオリジナルマンガ
  • 新しい冒険
  • アイドルもの
  • 話題のアニメ
  • タブー視されているテーマ
  • 大学生の生きざま
  • 専門領域

よく、「パワーブロガーの真似をして学習せよ」とおっしゃるパワーブロガーがいらっしゃいますが。

誰の真似をしたらいいのか、正直迷うところであります。

自分に合わないスタイルを真似したって、身に付くわけないし。虚しいだけさ。

これだけ個性的なブログの数々を読み比べてみて感じたことは。

結局。

自分スタイルでいいんだってこと。好き嫌いは、人それぞれ。

内容も、書き方も、更新頻度も、テンプレートも、イラストも、写真も、タイトルも。

オリジナルだろうが、誰かに似ていようが、そんなことはどうでもいい。

書いてるうちに、自分のモノになってゆくのだから。

そんな気がします。

  

アイキャッチ画像出典:女子が彼氏にしたいオトコの条件、ホントのところ知ってる? | concier

ブログが書けない悩みを解決【ブログを書く目的と動機】

緑の芝生にBlogと書いた立札のある写真に「書けない」原因は?と書いてある画像

 あなたの「ブログ」の悩みは何ですか?

初心者、経験者、ベテランさんともに多くの人が共通して一度は経験する悩みが「書けない」ことではないでしょうか。

問題解決の第一歩は、あなたの「書けない」と感じる悩み(問題)の原因が本当は何なのかを知ることです。

 あなたが「ブログ」を「書けない」と感じる理由

  1. 「ブログ」を書く時間がない
  2. 「ブログ」を毎日「書けない」
  3. 何を書いたらよいのかわからない(ネタ切れ)
  4. 文章の書き方がわからない(うまく「書けない」)
  5. 記事を書くのに時間がかかる
  6. 「ブログ」を書いても読んでもらえない(アクセスが集まらない)

この他に、あなたが「書けない」と感じる理由があったら、コメントで教えてくださいね。解決方法を一緒に考えましょう。

 あなたが「ブログ」を書きたいと思ったキッカケは?

 そもそも、あなたが「ブログ」を書こうと思った動機は何でしょう。何の為に「ブログ」を書き始めましたか?

  1. 「ブログ」で儲けたい
  2. 人気ブロガーになりたい
  3. 有用な情報を提供して人の役に立ちたい
  4. 自分の考えや行動に共感してもらいたい
  5. 仲間を増やして交流を楽しみたい

 どの理由も、「ブログ」は目的達成の一つの手段であって、結果的には「ブログ」の副産物を期待している訳ですね。

「ブログ」を書くこと自体が目的ならば、「ブログ」の反響はそれほど重要ではないはずです。

けれど、「ブログ」を書くことが楽しくない、書いても反応(成果)がなくてつまらない、その結果「書けない」状況に陥っているのではないでしょうか。

「ブログ」を書く目的を明確にしよう

 「ブログ」で儲ける為には、ただ書くだけでなくそれなりのノウハウがあります。儲けたいと思うなら、やるべき方法が別にあります。

あなたは、「ブログ」の人気を何で測定して評価しますか?

  • 読者登録の人数
  • はてなブックマークの数
  • コメントの数
  • 閲覧者の数(VS、UU)
  • 閲覧記事数(PV)
  • 滞在時間
  • クリック数
  • 被リンク

自分の得意分野の詳しい情報で、人々の役に立ちたいと思うなら、その情報を必要とする人に「ブログ」を読んでもらわなければなりません。

その為には、次のような事が必要ですね。

  • SEO対策
  • 読みやすくわかりやすい記事(内容・構成・ボリューム)

自分の思いを綴って、多くの人に共感してもらいたい。自己承認欲求の一つです。

しかし、現実にはあなたに対するアンチは存在するわけだし、気に入った人にだけ「ブログ」を読んでもらう事は不可能でしょう。

不愉快な思いをしたくなければ、コメント欄を閉じたり何らかの自衛策が必要になってきます。あるいは、誹謗中傷の書き込みは無視してさらし者にするのもよいでしょう。

極論を唱えれば、必ず反発・炎上が伴います。それをよしとするなら、心無い批判に凹むことはありませんね。根拠のある反論は、相手の主張として真摯に耳を傾けましょう。

また、気の合う仲間と楽しく交流する方法は「ブログ」だけではありません。

他に手軽なSNSがたくさんありますから。Facebook、Twitter、LINE、インスタグラム、他にも新しいSNSが誕生しています。わざわざ好き好んで「ブログ」を書かなくてもいいわけですよ。

「ブログ」が、あなたにとって必要不可欠な存在であれば、「書けない」とブツクサ言っていないで目的に合った努力をしましょう。

そんな事、面倒くさい。そう思うなら、「ブログ」を書く必要はありません。

大事なことは、「ブログ」を書こう、書きたい、と思う目的と動機があるかどうかです。

まとめ

【キーワード】「ブログ」「書けない」*見出しと文中に「」を付けています

【問題】「ブログ」を書けない悩み

【解決】自分の原因を知って、自分に合った解決策を実行する

問題解決の第一歩は、あなたが「ブログ」を「書けない」と感じる理由を明確にする事です。

そして、あなたにとっての「ブログ」の目的をしっかり意識する事で、努力すべき方向性と解決方法が見えてきます。

ちなみに、 私は複数の「ブログ」を運営していますが、その中の個人的な日記ブログはアクセスがとても少ないです。

でも、まったく気になりません。書くこと自体で、自分が満足しているからです。

アイキャッチ画像出典:ブログ書くならどこがいい?初心者にお勧めする無料ブログ3選【2018年度版】 - スキルアップBLOG